飢餓貧困対策活動

世界で発生する飢餓や貧困生活者の自立支援を国際団体を通じて行っています。
主な活動として農村の自立支援や難民救助、井戸の設置等を行っています。

世界で飢餓や貧困が発生する理由

世界では、全人口を十分にまかなえる穀物があるにもかかわらず、飢餓が原因で1日に約3万人(1年間に1000万人以上)の人が亡くなっています。
一方で、世界の2割足らずの先進国にすむ私たちが世界の穀物の半分以上消費しています。 また、貧困は人口の増加によっても起こります。そしてその人口増加(人口爆発)は先進国のもたらす文明によって起きているのです。
詳しくは「5分でわかる人口爆発と貧困」や「5分で分かる食糧問題」をご覧ください。

募金のお願い

ネットワーク『地球村』の活動は、みなさまの会費とご支援によって支えられています。

また、各種募金への協力もよろしくお願いいたします。

募金の振り込み先を見る

最新の支援情報

こちらからご確認ください。