支援報告(地球環境保全活動)

「グリーンベルト運動」への支援をしました

2007年4月27日(金)、高木代表がワンガリ・マータイさんに、名古屋にあるウェスティンナゴヤキャッスルホテルでお会いし、グリーンベルト運動へ森林保護募金から100万円の支援金をお渡ししました。

マータイさんは、2005年、名古屋「愛・地球博」と2006年、京都会議発行記念式典に来日され、高木代表やストッコチームがお会いしましたが、今回は、毎日新聞の招きで来日されました。
『地球村』や『地球村』の企業会員マルシェ(株)など10の団体や企業が参加、個別にマータイさんとお会いしました。

高木代表は『地球村』の活動や『地球市民連合』などのビジョンを説明、マータイさんへの支援金を手渡されました。著書「ありがとう」(一部英訳資料)をお渡し、マータイさんの著書「「UNBOWED~へこたれない~」にサインをいただきました。最後に「共にがんばりましょう」と握手とハグをされました。

募金にご協力いただきました皆さん、ありがとうございました。きっと、皆さんの募金がアフリカの環境保護に役立つことでしょう。

マータイさんは、アフリカ女性として初めてノーベル・平和賞を受賞し、世界に「もったいない」を提唱しているケニアの環境活動家です。マータイさんの始めたグリーンベルト運動は、環境保護と住民の生活向上を目的に、1977年、7本の木を植えることから始まり、ケニアにおける森林破壊による砂漠化を防止するための植林活動として、現在までに3000万本もの木を植えています。この運動はケニア国内にとどまらず、タンザニアやウガンダなど約20か国にも広まっています。

 

募金のお願い

ネットワーク『地球村』の活動は、みなさまの会費とご支援によって支えられています。
また、各種募金への協力もよろしくお願いいたします。