支援報告(緊急支援活動)

AMDAへの支援をしました(ペルー沖地震)の支援

2007年8月15日(日本時間16日)に南米ペルーの太平洋沖で大地震が発生しました。この地震による被害は8月31日現在、死者519人、負傷者 1,366人、倒壊家屋60,519軒、損壊した病院14軒と甚大になっています。『地球村』は現地支援活動を開始したAMDA(国際医療NGO)に、 100万円を寄付しました。AMDAは第一次緊急医療チームが日本を18日に出発し、リマに到着後、現地との協議による医薬品などの物資の供給、町全体が壊滅した港町ピスコへの緊急医療支援活動などを開始、その後、第二次緊急医療チームが26日から被災したサン・ホセ・デ・ロスモリノス市を中心に活動を進めています。今回の支援は、皆さまからご協力をいただいています国際協力基金から支出しました。

 

募金のお願い

ネットワーク『地球村』の活動は、みなさまの会費とご支援によって支えられています。
また、各種募金への協力もよろしくお願いいたします。