環境トピックス

【環境トピックス】エネルギー基本計画:原発は重要なベースロード電源!

2月26日朝日新聞

安倍政権は25日、新たなエネルギー基本計画の政府案を決めた。政府案は、原発を昼夜問わず安定して発電する「重要なベースロード電源」と位置付けた。石炭火力と同じ重要電源とし、原子力規制委で安全性のチェックを通った原発は「再稼働を進める」と明記している。さらに、原発で使った核燃料を再処理してまた使う「核燃料サイクル」を推進すると盛り込んでいる。

95年のナトリウム漏れ事故などで研究開発が頓挫している「もんじゅ」についても、研究成果のとりまとめを目指すとし、増殖の研究に加え、原発から出る放射性廃棄物を減らす「減容化」研究も重要な柱に据える。しかし、もんじゅには安定した運転実績もなく、難航が予想される。

公表された原案とパブコメの結果はこちら