支援報告(緊急支援活動)

SaveTheChildrenJapanへの支援をしました(スリランカ)

緊急募金より、(社)セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンを通じて、スリランカ国内避難民に100万円を支援しました。(2009.5.18) 

 【セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンからの活動報告です】 2009.5.22

セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンでは、3月2日よりスリランカ北部のワウニア県を中心として、内戦の戦火を逃れ、国内避難民となった人々に対する緊急支援を実施しています。
4月20日にタミル人武装組織LTTE支配地域に対して政府軍が大規模攻撃を始めたことをきっかけに、北部からの避難民が大量に政府地域(ワウニアおよびジャフナ)に流出し、避難民キャンプに到着しています。避難してきた人々は砲撃の中、着のみ着のままでキャンプに到着しており、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンは避難民に対する生活物資や栄養補助食品の配布、仮設学校を設置しての教育支援を行ってきました。

今回のネットワーク地球村様からのご寄付は、スリランカの北東約60kmに位置するクルネガーラ病院に収容されている325名の負傷者とその家族への支援として、マットやシーツ・衣服などの支援物資の配布に使わせていただく予定です。
また状況次第では、北部のワウニア病院に収容されている子どもたち(砲撃により手足を切断された子どもたちも多いようです)に対し、年少の子どもたちには絵本、学齢期の子どもたちには学用品を配布することを検討しています。
ワウニア病院では500床のベッドに対して3,000人以上が収容されており、負傷者が廊下まであふれかえっている状態です。ある病棟では患者200名に対し2名しか看護師がおらず、状況は相当深刻です。

※セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン【スリランカ国内避難民支援のページ】


<国内避難民キャンプの様子>


<キャンプに到着した人々への物資配布>

 

募金のお願い

ネットワーク『地球村』の活動は、みなさまの会費とご支援によって支えられています。
また、各種募金への協力もよろしくお願いいたします。