地球は今

【地球は今...】日本は経済大国?

 
●戦後65年、日本は世界有数の経済大国になっています。しかし、その一方で世界的な統計の中には、決して誇れない数字で表されている日本の姿もあります。今回は、いろいろな数字で日本を客観的に見てみましょう。(事務局・渡辺)

  
●日本のGDP
日本のGDP(国内総生産)は、戦後の高度経済成長と共に急速に増加。2009年度で比較して、世界第2位の経済大国になっています。
 


 
●日本の借金
一方で、日本の借金(右図)は年々増え続け、国債、地方債をあわせて1000兆円を超えています。GDPと比較すると約2倍。つまり、全国民が2年間働いた総収入分と同じだけ借金があるのです。

先進国の債務をGDPで比較(下図)してみても、200%近くまで借金をしている国はありません。日本の豊かさは、借金の上に築かれた砂上の楼閣と言えるのです。



●「日本がわかる」 お金の使い方の比較

・日本の赤字(国債、地方債などの総額) 1000兆円
  ⇔  重債務貧困国35カ国の債務総額 3兆円
   
・日本の1年間の医療費 31兆円
  ⇔  国連UNHCRの年間予算 2000億円
※世界の3600万人の難民を支援している  
  ⇔  国際赤十字の年間事業予算 330億円
  ⇔  世界中のこどもたちがワクチンを受けた場合の年間費用 330億円
※「“世界のこどもにワクチンを”日本委員会」より  
   
・日本の年間防衛関係費(2010年度) 4兆7903億円
  ⇔  国連の平和維持関係の年間予算 8000億円
  ⇔  世界中の全地雷を除去するためにかかる費用 3兆円
   
・日本の土建費(年間)
48兆円
  ⇔  日本の環境保全年間予算 2兆円
  ⇔  世界中の砂漠化を防止するために必要な年間費用 8700億円
   
・政治献金など1年間の政治資金   
1253億円
 1年間の政党助成金(税金)    320億円
  ⇔  24時間テレビ「愛は地球を救う」の31年間 募金総額 272億円

 


●日本という国の幸福度
日本は「幸せな国」になったのでしょか?
GNH(国民総幸福量)は数値化されていませんが、英国ロンドンに本部があるシンクタンク、ニュー・エコノミックス・ファンデーション(新経済財団)が、 生活満足度・寿命・環境負荷などから算出した幸福度ランキングでは、日本は143カ国中75位になっています(ブータン17位、ドイツ51位、スウェーデ ン53位、イギリス74位、アメリカ114位)。主観的な側面もありますが、GDPと幸福度指数のランキングを比較すると、経済を基本にした生活満足度を 追い求めることだけでは、幸せとは言えないことをしめしています。

  GDP 幸福度指数
1 アメリカ コスタリカ
2 日本 ドミニカ
3 中国 ジャマイカ
4 ドイツ グアテマラ
5 フランス ベトナム
6 イギリス コロンビア
7 イタリア キューバ
8 ブラジル エルサルバドル
9 スペイン ブラジル
10 カナダ ホンジュラ

 

 ※私たちの毎日のお金の使い方一つで、もっと心豊かな生き方ができます。
 地球のために、未来の子どもたちのためになる使い方を心がけてみませんか?