地球は今

【地球は今...】江戸時代 持続可能な社会

江戸時代がすごい!

こんにちは。事務局新人スタッフの山崎です。よろしくお願いします!
「江戸」について学び始めました。以前は、「江戸時代は鎖国で、封建的で、貧しくて、不便で…」なんて思っていたのですが、今や、エコで賢い江戸の暮らしに魅了されっぱなしです! 皆さまにも、江戸の魅力をご紹介しまーす☆

“便利快適”より“よく考えて工夫する”

輸入大国の日本で暮らす私たちは、欲しいものはお金さえあればなんでも手に入ります。
おいしいものを好きなだけ食べて太ったり、バーゲンで服を大量に買って流行遅れの服は粗大ごみに出したり…。(=_=) 
いつも物が溢れているので、資源が有限だということを感じることができません。

一方、江戸時代の人々は、国内の限りある資源のみで暮らしていました。
生活スタイルはいたって質素。
所持品は布団、着替え、必要な生活用品くらいで、決して裕福とはいえませんが、工夫しながら心豊かに生活をしていた様子がうかがえます。
たくさん使いたいからと、少ない物資を一人占めしたり、奪ったりすることはなかったんだなと、私達の今の生活についても考えさせられます。
江戸時代の暮らしから、私たちの生活を見直してみましょう。

自然の恵みを感じる生活

便利な機械などなかった江戸時代には、なんでも人の手で手間をかけて作られました。
そして、自然の力や恵みを最大限に活用することで生活が成り立っていました。
 

太陽・・・穀物・燃料・生活用品などの材料になる植物の成長には欠かせない。 時計のなかった江戸時代に時刻や季節を知る為、生活にも欠かせなかった。
・・・・・石油や石炭のなかった頃は、薪や炭が主な燃料。カマドでの料理、風呂焚き照明、火鉢を使った暖房など、生活の様々な場面で必要。
・・・・・流れ続ける川に設置された水車は、揚水、脱穀、製粉、製糸など、生活に欠かせなかった。

太陽、火、水は効率よく使われ、材料は植物や土などの天然素材のみ! そして、モノは繰り返し、繰り返し使われます。壊れれば修理をし、古くなれば用途を変えながら工夫して何年も使われました。

奥さま必見! 綿の一生は七変化

 

モノの一生を、木綿からできた布を例に見てみましょう。布を賢く活用すれば、こんなに役立つんだ! 参考にする価値大いにアリです♪
当時、布は貴重品でおさがりや古着は当たり前。その為、江戸には古着屋が多くありました。着物に仕立てられた綿布は、使っているとだんだん布が柔らかくなり、肌触りが良くなってくるそうです。着古された着物は、寝巻きや下着となり、さらに柔らかくな
ると赤ん坊のオムツに変身。オムツにも使えなくなると、きれいに洗って雑巾へ。
そして最後には燃料として燃やされました。原料は天然植物なので、灰まで畑の肥料になり、無駄なく利用されました! このように綿は完全に循環していたのですね。布と同じように、生活用品の多くは植物から作られ、使えなくなると燃料として燃やされました。ガスが無かった当時は、燃やせるものは何でも貴重な燃料だったのです。

さらに、ほとんどの生活用品に利用された植物は、1年の太陽エネルギーで成長した分しか使われなかったので、江戸時代は環境破壊とは無縁の生活です!

エコで丈夫な伝統もの“和紙”

紙づくりがその典型的な例です。江戸時代の頃から紙は沢山使われていたようです。日本の伝統的な和紙は、コウゾやミツマタなどの「一年生の新しい枝」を秋に収穫したものが原料なので、木を幹から切ることはありません。今の紙のつくり方(洋紙)は幹からバッサリ切ってしまうので、和紙の方がずっと環境にやさしいのですね。

和紙のイイトコロ☆

和紙の原料“コウゾ”の皮は、繊維が長く絡み合う性質が強いので、揉んでもすぐにしわが伸びる程丈夫なのです! その為、同じ本を何百年も使い続けることが出来たとか。今でも江戸時代の書籍は多数残っているので、本当に和紙は丈夫なのですね。

本が大好き!

江戸時代の日本の識字率は世界一の約90%!
ほとんどの人は読み書きができ、読書は人気の趣味の1つでした。
本は現代のように大量生産は出来ないので、貸本屋という行商人(商品を
担いで街を行きかう商人)がいて、人々はそれを借りて読んでいました。本を大切に扱うことも、しっかり身についていたので、本をめくる時は左下の隅を持ってめくることが共通の習慣になっていたそうです。

エコで賢い江戸の生活術は、知れば知るほどすごい! おもしろい!

そして、一番の江戸時代の魅力は、なんといっても人々の心の豊かさです。
江戸時代に日本を訪れた外国人は、「日本人は陽気で天真爛漫。住民は健康そのもので、満足な様子がまぶしいほどに見えた」という記録を残しています。
私たちは、昔よりずっと贅沢な生活をしていますが、昔よりずっと幸せ! と言えるでしょうか?
いきなり全てを江戸時代の生活に戻すことは難しいかもしれませんが、ひとつずつ参考にし、自分の生活にあてはめて出来るところから変えていきたいですね!

外からどんどん持ってきても欲望が増すだけです (>_<) 

私たちの生活を豊かにするのはモノではないと、江戸時代の人々から学ぶことができます。
今あるもので満足!
と心を満たすことが、本当の豊かな生活を生み出す秘訣だと感じています♪♪