地球は今

【地球は今...】お手本にしたい国 キューバ

昨年実施した『地球村』ツアーのキューバ報告会も各地で始まりました。
冊子『キューバの奇跡』も好評で増刷を行なっています。
今回は、人を大切にする国キューバについて、医療と教育についてまとめました。

(事務局 渡辺裕文)

キューバの医療

・予防医学が基本(病気にならないように対策をとる)
⇒ 国全体の医療費が削減される
・個人が支払う医療費は無料。治療、手術も無料。
・家庭医が地域住民の健康状態を把握している
・病状に応じて、上位の医療センターに紹介
この50年で、充実した医療体制で医師の数も増加、
平均余命は高く、エイズなど疾病率は低く、先進国並みになった。

下図は、各国の平均寿命(縦軸)とGDP(横軸)の関係を表している。
GDPの高い国ほど平均寿命が長く、低い国ほど平均寿命が短くなり、右上に、アメリカや日本など先進国が集まっている。
キューバ(矢印)は、GDPは1桁小さいが、先進国並みの平均寿命となっている。キューバは、この医療技術を中南米を中心としたより貧しい
国に普及させるため、
・1963~2011年に、18,410名の医師を108の国に派遣した。
2012年には15,157名の医師を66ヵ国へ派遣している。
・28ヵ国から18,364名の医療留学生の受け入れを行なっている。

キューバは、なぜこんなすごい取り組みができたのか調べてみると、
キューバの憲法50条には、次のように書かれている。
「すべての人は健康を保持し守る権利を有する。国家はその権利を保障する。」
その具体策として、「無料の医療・入院の提供」、「無料歯科治療の提供」、「病気予防手段の実施」などが書かれている。

●キューバの教育

・教育費は無料。教科書だけでなく、学用品(鉛筆やノート)も無償で支給。
・制服や教科書は、下の学年の子どもたちに引き継ぐため、大切に使われる。
・重点教科は国語と歴史。(自国の言葉、自国の歴史を知ることがもっとも大切)
・大人も無料で教育を受けることができる。
・成人の識字率は99.8%。
⇒日本、アメリカよりも高い。

UNESCOが実施した中南米の国々対象の算数、国語、理科のテストでは、ダントツの1位。
(下図は小学校3年生の算数の成績分布。上から6番目、丸で囲ったキューバが右側へ飛び抜けている)

憲法51条には、教育の権利として次のように書かれている。
「すべてのものは教育を受ける権利を持つ。この権利は広範で無料の学校制度により保障される。寄宿舎制度、奨学金制度はすべての教育水準で適用され、教材費は無料で各児童と若者に配給される。家庭の経済状況がどのようであれ、各人の能力・社会的要請に応じて勉強を履修する権利を持つ。成人男女は、同様に無料で教育を受ける権利を持つ」

医療も教育も一朝一夕に現状が作られた訳でない。
人民投票によって憲法が採択されたのが1976年。
30年以上の努力の結果、今の医療と教育の制度が実現したのだ。

●憲法とは 

キューバの憲法は、キューバの歴史そのものである。
キューバ国民は、スペインとの独立戦争、アメリカとの独立戦争で自由を勝ち取った。
小国、島国ながら、「自由か死か」という覚悟で大国を相手に戦い、自由を勝ちとった革命家であり、革命家の子孫である、と書かれている。
みんなの幸せを求め、命をかけ戦った人たちの歴史があって、自分たちの今があることを示し、そのことを忘れないようにとの熱い思いが伝わってくる。

いま、日本国憲法の改正議論が交わされているが、自衛隊を軍隊にするかどうか以前に、
国としてなにをめざすのか。国民に希望と未来を示さなければならない。
キューバは、その見事なお手本ではないだろうか。

引用図書:『キューバ・メキシコ視察報告書(全日本民医連ほか)』のキューバ共和国憲法訳