環境情報

【地球は今…】死亡原因と感染症

世界の人々の死亡原因を調べることによって、人々の暮らしを知り、予防可能な死亡を減少させたい。そのためにどうすればいいのか考えてみた。(高木善之・落合眞弓)

●世界の死亡原因

★所得別、死亡原因のトップテン(2016年 WHO)












  全世界 高所得国 高中所得国 低中所得国 低所得国
 1位 虚血性心疾患   虚血性心疾患  虚血性心疾患  虚血性心疾患  下気道感染症
 2位 脳卒中  脳卒中  脳卒中  脳卒中  下痢性疾患 
 3位 慢性肺疾患  アルツハイマー  慢性肺疾患  下気道感染症  虚血性心疾患 
 4位 下気道感染症  気管、肺癌  気管、肺癌  慢性肺疾患  HIV エイズ 
 5位 アルツハイマー  慢性肺疾患  アルツハイマー  結核  脳卒中 
 6位 気管、肺癌  下気道感染症  下気道感染症  下痢性疾患  マラリア 
 7位 糖尿病  大腸、直腸癌  糖尿病  糖尿病  結核 
 8位 道路交通障害  糖尿病  道路交通障害  早産合併症  早産合併症 
 9位 下痢性疾患  腎臓病  肝臓癌  肝硬変  出生時損傷・仮死 
 10位 結核  乳癌  胃癌  道路交通障害  道路交通障害 

World Health Organization『The top 10 causes of death』

★2016年、死者の数は世界全体で 5690万人
★半分以上(54%)は上記トップ 10の原因によるもの
★認知症が 2000年のHIVエイズに代わってトップ 10入り
★認知症死亡は 2000年の 2倍以上、糖尿病死亡は 1.6倍に増加
★死亡原因の 71%は非感染性疾患(心臓血管病、がん、慢性肺疾患、糖尿病等)が占めるが、低所得国では 37%にとどまり、高所得国では 88%もある
★高所得国で非感染症疾患が多いのは、飽食や運動不足、喫煙などの生活習慣やストレスの多い環境が原因となり、高血圧、高血糖、高脂血症などから心疾患や脳卒中、がん、慢性閉そく性肺疾患など重病化し、死に至ると考えられる
★低所得国では、感染症や妊娠・出産の際の医療ケアの不足、栄養不足で半数が死亡。貧困が主要な原因。高所得国ではこれらの死亡者は 7%以下だ

●途上国の感染症とは

細菌や病原体が飲料水や食物から人に侵入したり、野生動物や家畜 ⇒ 蚊やダニ ⇒ 人へと伝染する。さらに人から人へと感染する

●途上国で感染症が発生・流行する理由

★経済的に貧しいために

  • 食糧不足による慢性的な栄養不良で自己免疫力が低下

  • 不衛生な環境によって

  • 薬が買えない、医療が受けられない
     エイズは薬さえあれば発症を抑えられる感染症

●地球温暖化がもたらす感染症

★蚊などによる感染症(マラリア、デング熱など)の感染域が拡大
★干ばつ・洪水により水媒介性感染症(コレラ、サルモネラなど)の増加
★犠牲になるのは低所得国の人々

●加速する感染スピード

★2009年新型インフルエンザ(H1N1)2カ月で110カ国に拡大
 メキシコで発症。米国を経て、10日20カ国、30日40カ国、60日110カ国
★2013年ジカ熱も世界中に広がる
 ポリネシアで発症。2014年5カ国、2015年22カ国、2016年69カ国に拡大
★日本でも感染症や寄生虫症の死亡者数はここ20年で1.3倍に
 高齢化を背景に腸管感染症や敗血症は倍増

●世界三大感染症と年間新規患者数

 感染症名  2009年 2015年 増減 
 マラリア  2億 2500万人(78万人死亡)   2億 1400万人(43.8万人死亡)   減
 結核  940万人(170万人死亡)   1040万人(140万人死亡)   増
 エイズ  260万人(180万人死亡)   210万人(110万人死亡)   減
(WHO、外務省資料参照)

●日本では、克服したはずの感染症が流行

★梅毒が急増
 2016年 4518人 10年前の 7.1倍に増加、最多は 20代の 1301人
★結核の罹患率は人口 10万人に対して 13.3(米国 2.7、カナダ 4.8、中国 55)
 2017年の結核による死亡数は 2303人(死亡率 1.8%)

●薬が効かない感染症

★感染症克服のため、抗生物質を長年使い続けたことで抵抗力を持った「耐性菌」が生まれ、薬が効かない
★耐性菌による世界の死者は2013年70万人。2050年には1000万人になると予想

●私たちにできること

  • 食生活、睡眠、衛生などを意識し、贅沢・飽食を見直す
  • 治療から予防へとライフスタイルを改める
  • 低所得国への支援、募金などに協力する
『地球村』は、「緊急人道支援募金」により途上国支援、人道的支援に取り組んでいます。 ご協力ください。
 詳しくはこちらをご覧ください。